日々によりけり その5「真」

IMG_5174

「ブルゾンちえみは本気でやればもっとタイム縮められた」
 会社の休憩室。上司が言った。24時間テレビのマラソンにタイムという奇天烈な発想を持ち込んだというのに笑い1つおきない。これが世間。世間は真人間の集まりだ。

 私は24時間テレビを続けて2分以上見たことがない。表立って批判したこともない。まったく興味はないが、批判もしない。批判するほどの興味がない。
 しかし世の中は24時間テレビの度に毎年賛否両論騒ぎになる。賛にも否にも賛同できない。嫌なものをわざわざ見に行って頭ごなしに否定するのは特に。「興味ないけど」から始まる批判ほどあちゃーなものはない。あちゃーって打つとIMG_5175の絵文字が出てきて和むね。

 しかしあの負のエネルギーはどこからくるのか。IMG_5175の絵文字では抑えきれないエネルギーが溢れてるのか。

 世間は何かを叩くとき真人間になる。誰が見たって明らかなヤラセ番組が、やはりヤラセだとわかったとき「騙された!」と世間は言う。

 私は思う。
「え、あいのりをドキュメントとして見てたの…?」
「え、テラスハウスに本気で住んでると思ってたの…?」
「え、心霊写真とか本当にあると思ってたの…?」

 どうだろうか。文字にするとわかりやすい。すごい嫌な奴、俺。
 でもそう思っちゃうんだから仕方ない。私はブルゾンちえみが放送終了間際にゴールした方が数字が上がると考えてしまうが、世間はなるべく早いタイムを目指していると信じている。いつ道が分かれたのかわからないが私はもう真人間にはなれない。
 ブルゾンちえみを心の底から応援して、テラスハウスの進展に胸を躍らせている真人間こそ、世の中を楽しんでいるのかもしれないとも思う。

さあ、みんな。

テラスハウスに胸を躍らせよ。

モニタリングに心震わせよ。